町田博淳理事長が、「0歳からの体幹遊び®」出版記念 マナーキッズ®プロジェクト15周年50万人達成謝恩の会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マナーキッズプロジェクト

町田博淳理事長が、「0歳からの体幹遊び®」出版記念
マナーキッズ®プロジェクト15周年50万人達成謝恩の会に於いて、同プロジェクトのマレーシアでの支援・協力について紹介しました。

当倶楽部会員であり、公益社団法人マナーキッズ®プロジェクト理事長の田中日出男氏が推進するマナーキッズ活動のマレーシアにおける展開に関して、マレーシア日本人学校でのマナーキッズ®プロジェクトの活動紹介を実現したいとの協力要請が本年2月に同氏より、町田理事長にありました。  
(*)マナーキッズ®プロジェクトの概要については後述。

同プロジェクトの海外展開は、既に台湾での実績がありますが、当倶楽部としては台湾の事例がどこまで成功したのかを検証しながら、日本とは異なるマレーシアの文化、習慣、宗教などを考慮してマナーキッズ活動の真意を理解してもらうにはどうすれば良いかなどについて模索しながら活動推進の協力を行うこととなりました。

田中理事長の要請を町田理事長からJACTIM(マレーシア日本人商工会議所)を通して依頼したところ、日本人学校より応諾の回答があり、本年7月に実施されることになりました。 

町田理事長は同プロジェクト会員でもあり、またマナーキッズ講師の資格もありますので、田中理事長に随行し、現地(KL)で児童への指導実演を行いながら支援活動を実施いたしました。

去る、9月24日(火)午後6時からリーガロイヤルホテル東京で開催された “「0歳からの体幹遊び®」出版記念 マナーキッズ®プロジェクト15周年50万人達成謝恩の会” に於いて、主催の同財団法人田中理事長の指名を受け、町田理事長から7月23日にKL日本人学校でセミナーを開催し、大変高い評価を受けた事。
その際、マレーシア政府の高官等が陪席し、興味深く見学した事。
同時に、マナーキッズの活動内容とその意義につき、 KL在住の鈴木一郎理事(JACTIM理事でもあります)より、マハティール首相にも直接briefingしていただいた事。
その後、マレーシア青少年スポーツ省として、現地の学校にこの「マナーキッズ体幹遊び」を取り入れる意向が示されている事。更に近々、正式にマレーシアで展開する予定である旨、来場者に紹介いたしました。

公益財団法人マナーキッズ®プロジェクト理事長 田中日出男氏

マナーキッズ®プロジェクトの概要

スポーツや文化活動を通じ、日本の伝統的な礼法を体験し<体・徳・知>バランスのよい子供を育てる活動。

プログラムは、子供の体力・運動能力の低下に歯止めをかける<体育)、挨拶・礼儀作法の基本的マナーとスポーツマンシップを習得させる<徳育>、運動で知性を育む<知育>を考慮して組まれており、既に実施した全国各地の幼稚園・小学校から高い評価を得ています。

マナーキッズ®プロジェクト公式サイト: http://www.mannerkids.org/

関連記事

ページ上部へ戻る