当倶楽部が出版協力の「国際知識検定マレーシア公式テキスト」遂に完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国際知識検定 マレーシア 公式テキスト

昨年5月から本書籍の発行が決まってから約1年を要して本年(2019年)4月5日に待望の「国際知識検定 マレーシア 公式検定」(稲學館A5版 238ページ)が完成しました。

本書は、一般財団法人 国際知識普及協会が主催する対象国(マレーシア、台湾、ロシア、タイ他)に関するいろいろな領域に於ける知識の習得度をレベルに応じて評価認定する検定制度を展開する活動「国際知識検定」の学習用として用意されたものですが、人文地理的な観点から総合的にマレーシアを捉えた解説書として位置付け、異文化に接するうえで、観光においても、ビジネスにおいても最低限必要と思われる情報を網羅するよう心がけた本となっています。

本書刊行に当倶楽部が協力をするに至った経緯は次の通りです。
2017年5月に一般社団法人 国際知識普及協会(代表理事 稲川素子氏)が展開する国毎のいろいろな領域に於ける知識の習得度をレベルに応じて評価認定する検定制度「国際知識検定」の対象国としてマレーシアを選出したことに伴い、同協会からマレーシア版テキストの作成協力依頼が当倶楽部になされました。

既に発刊されていた「タイ検定」などを読むと「国際知識検定」の学習用として用意されたものというより、人文地理的な観点から総合的にマレーシアを捉えた解説書として位置付け、異文化に接するうえで、観光においても、ビジネスにおいても最低限必要と思われる情報を網羅するよう心がけた本として世に出せる。併せて、当倶楽部が志向する日本・マレーシアの親善友好の一助にもなるとの判断に立ち、「国際知識普及協会の」要請に大いに協力できると考え、本プロジェクトを開始しました。

本作りに際しては、マレーシア及びアジア地域、中東での駐在勤務経験者、現地企業活動や実務に携わる(携わった)当倶楽部会員を中心に執筆陣を構成し、現地での活動や暮らしの中で実体験を通して得た知見をもとに「マレーシアのありとあらゆる物事について書かれており、ガイドブックとしても、読み物としても、役に立ちましたと言われるような」本を目指しました。

実際に手に取ってご覧いただければ、この本が充実した内容」であることを実感されることと確信しております。更に、ご友人、ご関係の皆様にも広くご紹介いただきますようお願いいたします。

なお、日本マレーシア倶楽部会員には特典がございますのでご購入に関するお問い合わせは、日本マレーシア倶楽部編集員会までご連絡ください。

*日本マレーシア倶楽部編集委員会事務局:smztk@poplar.ocn.ne.jp

本書は、一部2,160円(税込・送料別)で販売しておりますので、「国際知識検定」ホームページ(http://aikd.net/)からも購入が可能です。

また、Amazon、紀伊国屋書店での販売も計画中です。

日本マレーシア倶楽部編集委員会

関連記事

ページ上部へ戻る